自分の道をゆく。2017.08.20

『芳範』という自分の名前。『芳しく、模範となるように生きろ』と言う意味だとチビの頃に父に教わった。子供の頃の自分は、この名前が重荷だった。『人より賢くなって、人の模範になるなんて、名前が立派過ぎる。嫌だな…』だった。祖父も父も亡くなり、自分と、自分の長男、次男がいる。

『塾を継ぐ事など考えなくていい。自分のやりたい事をやれ。』と言って育てた長男、次男ともに一人立ち出来ている。気にかかるのは、母、妹、奥、塾の事だけだ。父の最後の言葉も自分が受け取った。親父殿の期待に反して、親の言う事も聞かず好きに生きて来た。

人が自分の事を良く言おうが悪く言おうが、そんなことはどうでもいい。『出来る限りの知恵を絞って、自分を頼りに生きて行く。』これでいく。祖父、父が天から俺を見ているだろうな。

『大阪大学、大学院入試突破・激励品』を発送した。2018.08.18


◆塾の杉航講師。大阪大学在学中。一度だけ自分の良くいく倶楽部に連れて行った。

杉山さんが大阪に行ってくると聞いていたので、『コウキ君は元気だった?ウィスキーは飲んでるか?飯は喰ってるかな?』と聞いてみた。『今回はかなり勉強してる感じですね。ご飯は冷凍のが1パックだけあって、おかずはチンすれば食べれる物が少しあって、魚とか肉とか小分けにして冷蔵庫を満たして来ました。ウィスキーは空瓶が2、3本ありましたね。』なんて感じ。

沼津高専入試の時も、大阪大学編入学試験の時も、『まぁ受かるだろうな。』と思っていた。でも一心不乱に勉強って感じでもなかった。しかし今回の大学院入試だけは本気で取り組んでいる様子。まぁ男なんて本気で勉強してる時は、飯なんて喰ってられるか…でやる。自分の場合は大学3年の時に、単位を賭けて3日間72時間徹夜で勉強した。馬鹿げてるけど、良い思い出だ。

さっき杉山さんに、楽天市場からサントリーの角瓶5本と、本人お気に入りの炭酸水1ケースを送らせた。『試験が終わってからじゃ駄目ですか?』と言っていたが、『駄目だ。激励品だから、今日送れば明日か明後日には着く。試験が終わってから到着じゃ激励にならない。あとでメールで俺が、試験の期間中だけはちょっとだけ飲めって言ってたと書いて置いて。』で激励品発送手配完了した

お金がかかる、立派なチラシは出来ない。2017.08.14

塾の廻し方も良く知らないままに開塾したのが昭和56年9月。そもそも生徒もなかなか来てもらえずだった。お金も器材も備品もあまりない。中古のタウンエースを月賦で買ったり、自分の車を下取りにしてステーションワゴン買ったり、中古のコピー、中古のゲーハーの輪転機を買ったりして凌いだ。一人、また一人と生徒が来てくれるようになってなんとかやってきている。

自分もいつの間にか60歳になった。若くは無くなった。しかし70歳くらいまでは頑張りたい。大きな予備校さんのような立派なチラシは打てない。自分が印刷して、新聞店に持って行く。しょぼいと言われれば、しょぼいのかも知れないが、自分の労力はタダなのでコストが抑えられる。印刷機も古くなったが現役でがんばってくれている。出来る限りの事を実行して行こうと思う。3:12

一生勉強 一生青春 良い言葉だな~2017.08.12

昨夜、奥から貰った扇子を広げてみた。『みつを』さんの書が描かれている。一生勉強か、それもそうだな。がんこで、若い人を歳が上だけで見下す老人は残念ながら多数見かける。いい歳してよその車に罵声を浴びせたり、早朝に塾の植え木を盗んでパトロール中の警官に現行犯で検挙された老人、暗くなりかけた夕方に、塾の花をボキボキ折って盗み、自分に咎められた老婆。小学生の塾生が上から一部始終を見ていた。警察官が『花を盗っている老人は、花泥棒は罪にならない、なんて思ってるかも知れないけど、ただの自己弁護で、ただの窃盗犯ですよ。いい歳してやってる奴は昔っからずっとやってる奴ですよ。初めて盗んだ奴なんていません。常習窃盗犯ですよ。』と。確実に孫も居る世代。尊敬できるご老人も多くおられるのに残念な現実です。

高齢になっても活き活きと活躍している人も多い。反面、歳は若いのに、活き活きとは程遠く見える人もいる。若さは歳ではなくて、心の持ちようだと思う。自分も人に迷惑をかけず、花や木と遊んで生きて、出来れば重い病気にかからず、いつも元気⇒ある日、ポックリ成仏したいな。。。と思います。

たまには、兄らしく。 2017.08.10

☚失敗作。台が悪いから仕方ないが。

さっき教室で午前10時から勉強している二人と、杉山、村松の写真を撮ってきました。『今度こそ、いい男に撮ってくれよな。』と言ったら『今度は良いと思いますよ。』だった。嘘つきなのかもしれない。

今日は銀行に寄って秘蔵のお金をおろしてきました。上の妹と奥に小遣いを作ってやろうと思っている。25年前の自分には、亡くなった下の妹に小遣いをやるなんて事を考えつかなかった。そして奥にも一つ。これはもう、自分の面倒を見てもらっているので、『献上金』である。たまには良い事をした気分だな。

鉄人60号、負けっぱなし。でも、いつか勝つ。予定・・・2017.08.09


昨日もしっかり『ぎゃん(とても)暑かった』ですが、今日もとてつもなく『ぎゃんぎゃん暑い!!』です。日大三島中学1年の男子は水泳部。『どのくらい泳いだ?』に『3時間位です。』と。

金岡中学の1年の男子は、剣道部。鉄人60号も剣道部だったので、『胴着だけでも暑いし、防具が加わるとたまらんなぁ~』には『すごく暑いです。』と。今鉄人60号が水泳やったらバッタバッタモガキ沈没、剣道やったら面付けたまま脱走逐電だなぁ~と思う。しかし!!鉄人60号にはQTD(キューピーコーワゴールド)とアリナミンと『ホルモンのとんちゃん焼き』、家飯、塾飯がある!!!と頑張っているが、やはり鉄人と言えど、
『若さに敗北』を感ずるのだ。いつか勝ってやる。。。15:27

今日6日は休塾日。サルスベリ1本持って実家へ。2017.08.06

今は8/6の3:20。今日は休みなので夜更かし中。お酒ならぬ、冷やしお茶しながら、のんびりしています。4日に届いた『サルスベリ・レッドちゃん3本』の梱包を昨日解いて、今日、実家の庭に植えて来る予定。ピンキーちゃん1本は自宅マンションへ植える予定。お袋さんは大きくなる木は嫌うので、1.5メートルくらいにしかならないので『植えていい。』になるかな?反対されたら素直に持ち帰って塾のどこかに植えようと思う。

7日から一週間はちょっときつい勤務になるので、今日だけのんびりだな。ここ数日でサルスベリ6本を楽天さんで買って楽しんでいます。水をくれたり、終わった花を摘んだりする。案外と楽しい。亡くなった親父さんと同じような事をしている。やっぱり親子は似るもんだな…と妙に感心しています。

馬鹿は馬鹿なりに、暗中模索、七転八起だったな。2017.08.05

自分は大学を卒業する時、『とにかく数学を使わなくて済む仕事ならなんでもいい。』と思っていた。高校までは自分は数学は出来る方だと思っていたが、大学の数学科に入って木端微塵にそのプライドは打ち砕かれた。とてつもなく、クレイジーじゃないか?と思うほど出来る人たちが同級生の中に何人もいた。『この問題って閃かない?』なんて聞かれると木端微塵粉々村松君の一丁上がりだった。明けても暮れても数学の壁と波に飲み込まれ、もみくちゃ村松君だった。『とんでもない学科に入っちゃったな…』大学1年の時の偽らざる心境だった。

4年間数学に苛めぬかれてやっとこ卒業した。当時は就職難なんて言葉はどこにもなかった。毎日ポストには会社説明会のDMの束。4年の10月になってもノー天気村松だった。そして数学と無関係な会社に就職して10カ月で辞めた。会社を辞めると『丸裸村松君』だ。社員証、健康保険、年金も無くなる。勿論、収入も無くなり、無職23歳の村松君出来上がりだった。

この時、真剣に色々考えた。切羽詰められて、『俺には一体何が出来るのか?何を頼りに生きていけばいいのか?』追い詰められて、ようやく自分を見つめ直した。選んだのは『数学なら教えて生きていけるかも知れない。中学、高校の数学なら教えられるだろう。』そんな理由で塾の仕事を選んだ。

塾をやってもそう簡単に生徒は来てくれない。『出来たての塾は、いつ潰れるかわからないから危なくてとても通わせられない。』とも言われたし、親戚の叔父からは『30名も居ないくせに塾なんて言うな。みっともない。』とも言われた。夏期講習なんてやった事がなかったから、他塾のチラシを見ては、『へぇ期間はこんな感じか。中身は?料金は?』で、おっかなびっくり、抜き足差し足でやったのが最初。手探り状態でやってきた。杉山さんの日誌と比べると、見劣りするが馬鹿は馬鹿なりに暗中模索、七転八起でやるしかなかった。