Home 杉山さんは、実質的に、『当塾の塾長』です。2018.06.17
« Home »
6月 17th, 2018 杉山さんは、実質的に、『当塾の塾長』です。2018.06.17 はコメントを受け付けていません。

杉山さんは、実質的に、『当塾の塾長』です。2018.06.17

Tags

昨日16日に6/23のチラシ9750枚の両面印刷を完了し、7000枚の紙揃えを終えて帰宅しました。あと2750枚の紙揃えと、3新聞店へのパッキングをやればチラシ完成になります。

でも一番大変なのは、杉山さんの『チラシ原稿作り』です。B4の両面を使用して、塾の無料体験指導の案内や、夏期個別指導の案内、無料送迎の案内なども盛り込まなくてはならないので、『原稿作り』が一番大変です。
塾の全てが分かっていないと出来ません。

ここ1年ほど原稿は杉山さんに任せています。塾生の指導や、保護者様との連絡、週間の配車票、週間の通塾塾生一覧票に加えて、塾の事ではない案件をこなしています。

僕なら、この案件については、『こんな割の合わない事など、やってられるか!!』で放り出していると思います。

でも彼女は淡々と物事を進めていて凄いな…が僕の偽らざる心境です。家の事、お子さん達の事、塾の事、一つの案件を抱えてフル回転です。僕としては、頭では追いつけないので、印刷とか、送迎とか、片付けとかの体力で貢献しようと思っています。

杉山さんが中学生だった頃は、勉強も良く出来て、素直な女の子だな~。どういう風に育てられたのかな?と、ずっと興味津々でした。本人は、『家はお金が大変だから私立高校は行かせられない。公立高校に行けなければ働きなさい。と言われていたから、私立高校は考えられなくて、たまたま先生が高専受けてみるか?って言ってくれて、受けたら合格したんですよ。西高も受ける予定だったけど、先生が辞退しとくぞで受けられませんでした。』と。彼女よりも勉強の出来た塾生は何人もいました。でもトータルで考えたら、杉山さんがトップです。僕も61歳になり、廻りで急逝した知人もいます。

杉山さんは、『憎まれっ子、世に…なんとか言うから、塾長は大丈夫ですよ。』なんて言いますが、

これだけはあてになりません。でかい会社を作った知人も急逝された。従兄弟も何人も急逝した。今度は俺の番かな?と、時々思います。家内にも、『もし俺が急に死んだりしたら、杉山さんに塾をやって貰ってくれ。家賃もなしでやって貰ってくれ。どうしても出来ない時は仕方ないから、塾の土地も売れ。』と頼んであるし、本人にも伝えてあります。心筋梗塞とか何かに備えて、『遺言書』も書いてあります。

杉山さんは、副塾長としてありますが、実質的には塾長です。僕は飾りの塾長で良いと思っています。塾の全ての事に置いて、独断で決済してくれて良い。と、前々から伝えてあります。全権を許可しております。宜しく、お願い致します。

Comments are closed.

今日の訪問者:26
昨日の訪問者:79
訪問者合計:459318